栄 漢方内科クリニック

名古屋市中区の 漢方内科 栄 漢方内科クリニック

〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄3丁目4-15
鏡栄ビル7F

TEL 052-269-1021
※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。
トップページ»  診療案内

診療案内

基本的には保険診療で、漢方内科全般を診ます。
煎じ薬に関しましては、一部自由診療となります。

 

肥満症治療(ダイエット)に対する実績

肥満症治療(ダイエット)に対する実績
※クリックすると資料が表示されます。

 

 

漢方薬を用いる疾患・症状

不定愁訴・更年期症候群・自律神経失調症、急性上気道炎(風邪、インフルエンザ)、便秘、疲労・倦怠感、食欲不振・栄養状態の改善、アレルギー性鼻炎、胃炎、こむら返り、むくみ、慢性気管支炎・COPD、月経不順・月経困難症、膀胱炎・排尿障害、頭痛、めまい、気管支喘息、過敏性腸症候群、湿疹・皮膚掻痒症、慢性肝炎、関節痛・変形性膝関節症、下痢、腰痛、アトピー性皮膚炎、認知症、糖尿病(合併症)、関節リウマチ、脳血管障害後遺症、高血圧、逆流性食道炎、腎炎・ネフローゼなど

上記の疾患・症状など有りましたら、お気軽にご相談下さい。

 

因みに、当クリニックの診療実績をお示しします。

 

※クリックすると画像が大きく表示されます。

 

漢方ダイエットQ&A

1. 麻黄剤(葛根湯)にはどの様な作用がありますか?
  1. 含有成分のエフェドリンが交感神経を刺激する→脂肪分解&代謝亢進
  2. 満腹中枢と食欲抑制中枢の両方に作用する→食欲を抑える(間食が欲しくなくなる、満腹感が早く来るので暴飲暴食をしなくなる)
2. 漢方はどうやって服むと効果的ですか?

1日2回空腹時に温かいものを服む
  1. 昼と夜の食事の60分以上前に服む
  2. 約50~100ccのお湯に溶かして服む→吸収が速やかになり効き目がよいと言われています。
  3. 必ず1日2回服む
    大切なのは、決められた1日量を一定期間服み続けることです。
    1. 食事の60分以上前に服み忘れた時は食後60分以上あけて服む
      (なお、コレバインを服んでいる方は、漢方と一緒に服まない様に60分以上あけて服む)
    2. 忙しくて服み忘れる場合は、出勤前と退社前に服む
    3. 夜勤の場合は、出勤前(夕食前)と退社前(朝食前)に服む
      (夕方6時~朝6時までは食欲を抑え、摂取カロリーを減らすため)

3. 麻黄剤以外の漢方には、どの様な作用がありますか?
  1. 瀉下剤(桃核承気湯、セチロ、ダイオウ末) 腹部膨満感、便秘を解消し、お腹をスッキリさせます。また、ダイエット中は便秘傾向になるので、これを予防します。
  2. 利水剤(防已黄耆湯、五苓散、ヨクイニン)
    水太り体質(下半身太り、浮腫み)を改善します。
  3. 駆瘀血剤(桃核承気湯、桂枝茯苓丸)
    骨盤内臓器の充血を取り、女性ホルモンのバランスを整えて減量をサポートします。
    瘀血とは、漢方では血液の流れが滞ることです。西洋医学では充血に近い概念で子宮筋腫、足の静脈瘤などが典型例です。
  4. 利気剤(大柴胡湯、抑肝散)
    イライラ食いなどを抑えます。また、大柴胡湯には脂質代謝改善作用があることが報告されています。
  5. 散寒剤(ブシ末)は代謝を上げます。

4. 風邪をひいた時は、漢方は休薬ですか?

その通りです。漢方の成分(エフェドリン、カフェイン)と同様の成分(交感神経刺激薬)が風邪薬に含まれている可能性があり、服み合わせると副作用が出やすくなります。
同じ理由により、喘息で気管支拡張剤や吸入薬を使用する時は、漢方の内服と3時間以上あけて下さい。

5. 漢方に副作用はありませんか?
  1. あります。副作用が出た時には、いったん内服を中止して来院するか、ご連絡下さい。
    動悸(不整脈)、胃もたれ、下痢、便秘、肝障害などが時に起こります。
    このため、診察時に副作用チェックの問診をします。また、肝機能チェックのため、年に3~4回血液検査を行います。
    血液検査について…午前来院の場合は、朝食は絶食または軽めに食事を。午後来院の場合は、昼食は絶食または軽めに食事をして下さい。(ただし、医師の指示がある場合にはその限りではありません)

    上記のほか、不眠、尿閉などがあります。授乳中の場合は赤ちゃんが不眠、下痢を起こすことがありますので、漢方を授乳後に内服するか、授乳の3時間以上前に内服して下さい。
    漢方内服中に妊娠した場合は、いったん内服を中止して来院するか、ご連絡下さい。
  2. 耐性
    麻黄剤(葛根湯)は継続すると慣れることがあります。このため、少量から始めて段々増量する場合があります。また、瀉下剤(桃核承気湯、セチロ、ダイオウ末)についても同様で、初めの2~3日は下痢をしても、慣れて普通便になることがあります。
  3. 黄芩によると思われる薬剤性肝障害
    防風通聖散で1例/50~100人、黄連解毒湯1例/200~300人との報告があり、初期は症状があまりないために放置され、重症化(黄疸が出現)してから入院治療をする症例もあります。黄芩が含まれていない漢方でも起こりますが、稀(0.1%以下)であり軽症がほとんどです。
  4. ブシによるトリカブト中毒症
    八味地黄丸、牛車腎気丸、ブシ末、アコニンサンなどには、ブシ(附子=トリカブト)が含まれており、強力な温熱、鎮痛作用を有します。その一方で中毒症状が出ることがあります。服み始めて(または増量後)7日間以内に起こり、動悸、のぼせ、舌のしびれなどの症状があります 。
6. 西洋薬と一緒に服んでも良いですか?

良いです。但し、漢方は食前、西洋薬は食後に内服して下さい。例えば鎮痛剤を使用する場合は、漢方の内服と1~2時間以上あけて下さい。
また、他院でこれから新しく西洋薬を処方される場合は、漢方を服んでいることを医師に伝えて下さい。

7. 漢方を服むだけで痩せますか?

痩せられません。毎日暴飲暴食(チョコレート、ケーキ、焼き肉、大酒など高カロリーの飲食物)をしていたら痩せません。
《食事》《運動》《服薬》の三本柱がキチンと出来れば“健康”に痩せられます。
 
  1. 食事
    夕方6時以降は炭水化物(めん類、パン類、お米)は出来るだけ控えましょう(炭水化物ダイエット)。野菜、魚、お肉(脂身のないもの)を食べましょう。豆腐、納豆などを多く摂りましょう(大豆ダイエット)。
  2. 運動
    ウォーキング、ランニング、水泳などの有酸素運動は体脂肪を燃やします。
    忙しい人は筋トレが効率的です。筋肉をつけることは、基礎代謝量を増加させます。階段の昇り降り、腹筋、背筋、腕立て伏せ、スクワットなどを数分で良いですから毎日行いましょう。
  3. 服薬 必ず1日2回服みましょう。

8. 痩せるのにどれくらいの期間が必要ですか?

“急がば回れ”で無理なくじっくり行うのがコツです。
肥満度にもよりますが、おおよそ6~12か月間で目標体重(1か月に1~2kg減量するペース)になるのが良いと思われます。目標体重に達したら、漢方を徐々に減量します。漢方の内服を止めても、良い《食事》《運動》の習慣が身に付いていれば、リバウンド(治療を止めると体重が増えて元に戻る現象)を予防できます。
  1. 体重の壁
    5kg刻みで壁(例えば60kgの壁、55kgの壁、50kgの壁)があります。
  2. 体重計ダイエット
    毎日体重計に乗って体重測定をしましょう。
9. 漢方ダイエットと他のダイエットとの大きな違いは何ですか?

漢方ダイエットは減量に加えて、例えば冷え性、肩こり、生理不順などの症状が改善し、風邪をひきにくくなる(健康維持・増進)ことが特徴です。